婦人

若年性更年期障害に注意

女の人

若年性更年期障害の原因

更年期障害は45才〜55才の更年期に発症する病気です。しかし、最近は若年性更年期障害を発症する若い女性が増えているといいます。若年性更年期障害になる原因は沢山あります。たとえば日常生活のちょっとしたことがきっかけで、女性ホルモンが減少します。女性ホルモンの減少は若年性更年期障害になる引き金です。夜更かしをしたり徹夜を繰り返したりしていると、女性ホルモンが減少します。また、食事から摂るビタミン類やタンパク質などの栄養分は女性ホルモンの栄養になります。しかし、ダイエットばかりしていると栄養不足になり、女性ホルモン減少に繋がります。また、インスタント食品やジャンクフードなどの食べ過ぎは、女性ホルモン減少に繋がるので注意が必要です。

対策できること

前よりも朝起きるのがつらくなったり、気持ちが落ちこんでふさぎこむことが多くなった場合、若年性更年期障害の可能性があります。若年性更年期障害も普通の更年期障害と同じように病院で保険適用で治療ができます。治療メニューはホルモンを増やすホルモン補充療法、漢方療法、プラセンタ療法などです。若い女性の場合、更年期外来や婦人科に行くのに抵抗がある人が多いです。その場合は、原因を見極めて、自分で改善していく必要があります。女性ホルモンを増やすサプリもあります。エストロゲンを増やすサプリでよく流通しているのが、エクオールやイソフラボン、高麗人参や田七人参などです。生活リズムを整え、サプリで女性ホルモンを増やすことで、改善できる場合もあります。